この参考書のレポート

合格  早稲田大学 人間科学部

レポート数 2

フォロワー数 1

総合満足度
4
  • わかりやすさ
    4
  • 見やすさ
    5
  • 使い勝手
    4
  • 使い始めた時期
    高校1年生・4月
  • 使用期間
    1年以上

使い方レポート

定期テスト対策にも入試対策にも使える

この参考書を使うことで、古典の文法事項を基礎的なところから復習することができます。学校の授業などを受けたあと、この参考書に取り組むことで、知識の確認と文法事項のまとめとなります。文法の要点がまとめられている部分が所々空白になっているので、そこを埋めていくことで確認しながら最後に読み返すことで再度確認する事ができます。

私の場合は、文法の要点整理に関するところは本誌に書き込み最終的に参考書として使えるようにし、問題演習の部分はノートに解き何度も解き直せるようにしていました。受験する大学によって必要な知識量は変化します。このテキストで取り上げられる文法事項は比較的基礎的なものが多いように思います。だから、自分のレベルに合わせてどんどん書き込みを増やしていく事をお勧めします。

内容のレベルとしては基礎的なところから含まれているので、定期テスト対策としても使用可能です。私は学校の進度に合わせながらこのテキストを使用していきました。学校で習った部分をすぐに一度復習として取り組みテスト前に再度確認の意味を込めて解き直していました。また、受験対策としてこのテキスト以外の問題集等で古文の読解に取り組むと思います。そのような時にもしわからない文法事項があればこのテキストを振り返ると理解しやすくなると思います。このテキストの魅力は文法事項が端的にまとめられている点です。多くのことが詳しく書かれている参考書等で振り返るより、より効率的にわかりやすく復習することができます。そして適宜書き込みを加えていくことでオリジナルテキストとして使用可能です。

このレポートが参考になったら「感謝」を伝えよう!

感謝数 9

最終更新:2020.08.07