この参考書のレポート

h/ROM@

合格  東京学芸大学 教育学部  ほか

レポート数 2

フォロワー数 4

総合満足度
5
  • わかりやすさ
    4
  • 見やすさ
    5
  • 使い勝手
    4
  • 使い始めた時期
    高校3年生・6月
  • 使用期間
    7ヶ月〜1年

使い方レポート

本が壊れるまで使った

日本史の受験対策で一番使った本です。
何度も何度も開きすぎて、本の綴じてあるところが壊れちゃうくらいまで使い込みました。

僕は日本史を細かい単元ごとに、自分用のまとめノートを作っていたのですが、
その時、各用語の説明を用語集からノートに「書き写して」いました。

とても愚直な勉強法で、本当に手の疲れる作業でしたが、これで日本史の知識は、文字通り「体で」覚えられました!

最終的には、早稲田などの私大受験の時にも、一番武器となる科目になったかと感じています。

注意点としては、赤字のワードだけでなくて、なるべく黒字のワードも網羅して覚えること。
用語を本で引く時に、どこを開けばよいか、ページ数まで覚えちゃってるくらいになるまでが、「覚えた」ことを証明するひとつの基準かもしれません。

最終更新:2019.04.15
data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">