この参考書のレポート

合格  大阪大学 理学部

レポート数 5

フォロワー数 2

総合満足度
4
  • わかりやすさ
    4
  • 見やすさ
    4
  • 使い勝手
    5
  • 使い始めた時期
    高校3年生・4月
  • 使用期間
    7ヶ月〜1年

使い方レポート

基礎から発展まで圧倒的網羅性!典型問題を確実に身に着けられる

難関国公立などの化学の問題は、難易度が高いものの多くそれらに得点するのは大変難しく、相当な訓練が必要だと思います。だからこそ、基礎的な問題での得点力が重要になってくるのは当然です。この点において、重要問題集は基本問題を幅広くカバーしており、これを繰り返すやることで、確実に入試レベルの基礎力が身に付きます。
具体的な使用法を示します。
まず、基本的に授業内容の定着やテスト対策にはセミナー化学といった問題集を用いて、超基本事項を身につけましょう。重要問題集は基礎的な入試問題をカバーしていますが、簡単ではないので、基礎の基礎を固めていることはこの参考書を使い始める一つの基準となると思います。
私の場合は、3年の初期からほとんど1、2年の化学の基礎が終わっていましたので、使い始めました。3年の学習範囲については、一通りの基礎が終わってから取り組めばよいと思います。

一周目が終われば2週目に取り組みましょう。ただし焦る必要はないと思いますし、2週目をすれば3週目、4週目はかなりスムーズに解けるようになるはずです。そのためには、1週目にしっかりと理解し、解説を読み込むことが大切です。すこし解答解説が不十分な部分もあるので、よくわからないところは先生に聞いたり、教科書や参考書を参照するとよいと思います。

このレポートが参考になったら「感謝」を伝えよう!

感謝数 9

最終更新:2021.05.21