この参考書のレポート

合格  立教大学 経営学部

レポート数 1

フォロワー数 0

総合満足度
5
  • わかりやすさ
    5
  • 見やすさ
    5
  • 使い勝手
    5
  • 使い始めた時期
    高校1年生・5月
  • 使用期間
    1年以上

使い方レポート

基本的な単語から難易度の高い単語まで掲載されていて実用的

「ターゲット1900」は、日本の学生が英語の語彙力を向上させるために使う単語帳で、特に大学受験やTOEIC、TOEFLなどの試験対策として人気があります。この単語帳の効果的な使い方を説明します。

### 1. 目標を設定する
まず、どのくらいの期間でどれだけの単語を覚えるかの目標を設定します。例えば、3ヶ月で全ての単語を覚えると決めた場合、1日に覚えるべき単語数を計算します。

### 2. 日々の学習計画を立てる
設定した目標に基づき、日々の学習計画を立てます。1日に20語ずつ学習すると決めた場合、その日に学習する単語の番号を決めて、毎日少しずつ進めます。

### 3. 単語の確認と暗記
「ターゲット1900」の単語を見て、その意味や使い方を確認します。以下の手順を参考にすると良いでしょう:

- **単語を見る**:まずは英単語を見て発音します。
- **意味を確認する**:次にその単語の意味を確認します。例文も一緒に覚えると効果的です。
- **繰り返し書く**:単語とその意味を数回書いて覚えます。
- **音読する**:単語と例文を声に出して読むことで、記憶に残りやすくなります。

### 4. 復習の重要性
定期的に復習を行うことが重要です。例えば、1週間に一度、過去に学習した単語を再確認します。以下の復習方法を試してみてください:

- **クイズ形式で確認**:自分で問題を作り、解答する形式で復習します。
- **フラッシュカードを使う**:単語カードを作り、意味を確認しながら繰り返し復習します。
- **友人とテストし合う**:友達と一緒に単語をテストし合うことで、互いに刺激し合いながら覚えることができます。

### 5. 実践的な練習
単語を覚えるだけでなく、実際の文脈で使えるようにするために、次のような練習を取り入れます:

- **例文を作る**:覚えた単語を使って自分で例文を作ります。
- **英語の文章を読む**:新聞記事やエッセイを読み、覚えた単語がどのように使われているか確認します。
- **会話に取り入れる**:可能であれば、英会話の中で新しい単語を積極的に使ってみます。

### 6. モチベーションの維持
長期間の学習ではモチベーションの維持が大切です。自分なりのご褒美を設定したり、進捗を記録して達成感を感じるようにしましょう。

「ターゲット1900」を効果的に使うことで、着実に語彙力を向上させ、英語の試験や実践的なコミュニケーションに役立てることができます。頑張ってください!

このレポートが参考になったら「感謝」を伝えよう!

感謝数 2

最終更新:2024.05.15