人気ユーザー

全 55 件
  • 塾講師あべはやお

    合格  名古屋大学 教育学部

    レポート数 9

    総感謝数 52

    フォロワー数 8

    おすすめポイント
    2019.10.01

    センター政経(倫政)対策ならこれ一択ですね!

     さて、受験業界では、「センター政経対策なら、この『集中講義』!」というのが、ここ7・8年の常識となっているのではないでしょうか?  2010年の改訂版の出版直後から、瞬く間に、受験生や教員・予備校関係者の間で話題に。そして、現行の三訂版(2015年出版)へのパワーアップを経て、他の追随を許さぬ不動の地位を確立した、名著中の名著です!  それを裏付けるように、このAmazonのレビューでは、高評価を長年に渡って維持し続けています。ちなみに、本書の帯ではそのことが宣伝文句として採用されているんですよ!  私(あべ)自身、今まで出会った学参の中で最高の一冊だと思っております。不動の一位です!  なぜ、本書は世間でそれほどの信頼を勝ち得ているのか。以下でその理由を確認しましょう! 1.“見開き1ページ”でまとめられた各項目の“的確かつシンプルでわかりやすい”説明  本書と言えば、まず上述のように、「全項目の必要事項が“見開き1ページ”で秀逸にまとまっている」のが特徴です。  センター「政経」(「倫政」を含む)は、文理問わず「時間をかけられない」科目です。(自身の職業柄、民主主義の根幹ともいえる「公民教育」の観点から言うと、実に良くないことなのはわかっているんですけどね…。)それ故に、「出題傾向を熟知した実力ある指導者の円滑かつ効果的な指導」が必要不可欠なんですよね。  すなわち、センター試験の頻出項目に精通し、「ここが大事!」というポイントを的確に狙い撃ちして、簡潔かつ分かりやすく、他の項目と上手に関連・比較させながら教授できる指導者に教え導いてもらうことが肝要だ、ということです!  この点に関して、本書の著者である金城先生は、“レジェンド”と称すべき方です。  ただ漠然と各項目の「頻出用語」を羅列するのではなく、「必要十分さ」を追究した“簡潔かつ漏れのない鮮やかな解説文”でこれらを“有機的”に結び付けながら説明してくれます。  それを“見開き1ページ”で構成するという、「一覧性」を持たせて実現しているのですから、言うことなしですね。 2.“正誤ポイント”を熟知した、簡潔なのに“漏れのない” 圧倒的な執筆力  さて今、上述の「1」を見て、「『集中講義』は簡潔だからいいんだ」と思ったあなた!それは、半分正解で半分誤った認識です。  「簡潔」にするだけなら「内容を減らす」という手法を取ればいいのですから、正直簡単。しかし、その際に生じるのが、「掲載すべき情報の取りこぼし」です!  地歴公民の参考書においては、それは実に致命的な欠陥。それらの指導では、「何をどこまで覚えるか」を明確に示せることが講師の実力に直結するからです。  その上で、本書が何よりも優れているのが、「“正誤ポイント”になる“センター試験上の重要事項”を“漏れなく”(→ここが重要)的確な優先順位をつけて簡潔に記述してくれる」ことです。  より核心に切り込んだ重要なことを言いますが、「センター試験の基本事項」と「教科書の基本事項」はイコールではありません!そこには、「ズレ」が存在するのです。  そんな中、本書はその「ズレ」を実にうまく埋めてくれます。  そのために、赤の太字や波線といったフォント面での表現上の工夫を施し、「最重要(赤太字)→重要(波線太字)→読んで理解(ノーマル)」といった頻出度別の情報提供を実現しているのが秀逸。  特に、「波線&太字」で示された項目は、(少々)難易度高めの選択肢で“正誤ポイント”になる部分を的確に捉えて記述してくれています。  「教科書的基本事項」の「赤太字」はもちろんのこと、「センター的基本事項」の重要な一翼を担う「波線&太字」までしっかりと覚えていけば、センター政経の高得点が一気に近づきます。  それ故に、本書は大変効果的な学参としてこれほど巷で評価されているのでしょう! 3.「時間がない!」そんな人にも使いやすい、工夫に満ちた全体構成  さて、その上で、本書の工夫はここまで説明した点に留まりません。    少し重複しますが、「時間がない人も短時間で効果を上げられる」ことが、本書が万民にウケるポイントでしょう。  それは、先に示した「テーマの要点整理」に限った工夫ではないのです!  そこに加えて、「ここがセンター試験のツボだ!!」→「実力テスト(過去問)」→「必携一問一答問題集」という、その後の書籍の展開全体でそれが実現されています。  特に、「ここがセンター試験のツボだ!!」と「必携一問一答」に関しては、あまりの出来の高さにびっくりですよ!

  • Ayu

    志望大学 未決定

    レポート数 45

    総感謝数 56

    フォロワー数 2

    おすすめポイント
    2021.03.31

    TEAPの形式や全体像を掴みたい方におすすめの問題集

    RLWSの4技能全てがこれ一冊で対策できます。TEAPってどんなもの?と疑問に思っている方に是非手にとっていただきたい本です。別冊の解答解説がとても細かく丁寧で分かりやすいです。普段の学習時には問題集に解答を直接書き込まず、試験直前に復習する際にのみ書き込むようにしたほうが良いと思います。TEAPを受験しない方でも英語力を伸ばすには最適な教材です。また、別冊で語彙表現ブックがついています!試験会場で最終確認する時に使えます。

  • わんわーん

    合格  慶應義塾大学 文学部  ほか

    レポート数 5

    総感謝数 321

    フォロワー数 7

    おすすめポイント
    2021.05.21

    問題数が多く、暗記のためのメリットが多い!

    【世界史はとにかく一問一答をするべき!】 こんにちは、わんわーんです! ・世界史を始めたいけどどの参考書を使えばいいのかわからない! ・一問一答は色々あるけどどれがいいの!? ・実際どうやって使えばいいの? こんなことを思っている受験生は多いと思います。 特に授業がまだ終わってない高校生とかはこれから追いつけるのかなど心配ですよね。 今回はそんな皆さんに ①東進の一問一答をするメリット2つ ②東進の一問一答をするデメリット2つ ③一問一答を使う具体的な方法 をご紹介していきます! 【東進の一問一答】 ①東進の一問一答をするメリット2つ ここからはどうして東進の一問一答を使うべきなのか、そのメリットを解説していきます! 1.実際の過去問が載っているため、点数に直結しやすい 東進の一問一答は、実際に受験に出た問題を集めたものです。そのため、一問一答をできるようにすることは実際に出た問題をできるようにすることと同じなので、かなり実戦に役立つ力がつきます。 実戦に役立つ勉強ができる、という点でも東進の一問一答を使うのは効率が良いと言えます! 2.他の一問一答に比べて問題数が多い 東進の一問一答は他が出している一問一答よりも問題数が多いです。そのため、東進の一問一答を完璧にしておけば、他の一問一答ではカバーできない範囲が出たときに他と差をつけることができます。 広い範囲を網羅しているため、あの参考書をやっておけば…となることが少なく、集中して一冊を仕上げることができます! こういった点でも、東進の一問一答を使うことはオススメです! ②東進の一問一答を使うデメリット ここまで、なぜ東進の一問一答を使うべきなのかメリットを解説してきましたが、東進の一問一答を使うことにはデメリットもあります。 1.東進の一問一答は問題数が多い 先程メリットで挙げた問題数の多さですが、これはデメリットになる可能性もあります。 確かに多くの内容を網羅してるため、完璧にできればかなりの力になります。 しかし、多いことはときにデメリットにもなってしまうのです。 なぜなら、問題数が多すぎると覚えきれないという問題が出てきてしまうからです! 世界史の知識がまだ少ない人にとっては、問題が多すぎて投げ出したくなってしまうこともあるかもしれませんね。 ですが、これに関しては前もって世界史の流れを把握し、知識の土台を作っておくことで防ぐことができます! 世界史の流れを知り知識の土台を作っておくことで、一問一答で多少問題数が多くても、それらを吸収する速度が早いので、投げ出さずに勉強し続けることが可能になるのです! (流れに関して詳しいことが知りたい方は世界史ナビゲーターの記事をご覧ください。) ③一問一答を使う具体的な方法2つ ここまでで東進の一問一答を使うメリットがたくさんあると感じていただけましたか? でも、わからない状態から急に東進の一問一答を使って勉強をするのは簡単なことではありませんよね。 わたしも世界史はもともと全然わからなかったので気持ちはわかります! ですが、東進の一問一答を使うことでだんだんと世界史の知識に慣れ、成績が良くなっていきます! ここからは一問一答を使うためのオススメの方法を紹介していきます! 1.赤シートで隠してひたすら答えを言う 2.最初は問題のキーワードを元に雑でもいいのでとりあえず答えを覚える 3.だんだんと丁寧に見ていって最初雑に覚えた知識を修正していく。 1.赤シートで隠してひたすら答えを言う 絶対に答えは赤シートで隠しましょう! 知識を習得するためには、アウトプットをしなければいけません。つまり、問題だけを見て答えを言えるようにならないといけないのです! なので、絶対に赤シートで隠しながらやっていきましょう! 2.最初は問題のキーワードを元に雑でもいいのでとりあえず答えを覚える 最初は雑でもいいのでとにかく答えを覚えましょう! 最初わからないのは当たり前です!最初は厳密には間違っていてもいいのでとりあえず同じ問題が来たら答えられるようにするのが最初の段階です! 例えば問題にりんごとあったら赤い!と答えられればいいのです。厳密には色の問題かはわからなくても最初はとりあえずそれで覚えましょう! 3.だんだんと丁寧に見ていって最初雑に覚えた知識を修正していく。 覚えてきたらだんだん雑に覚えた知識を修正して、正しく覚えていきましょう! 紹介は以上です! 受験生の皆さんは志望校を目指して頑張ってください!

  • パイナップル

    合格  東京大学 教養学部

    レポート数 2

    総感謝数 3

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.10.21

    通史の学習にピッタリ!論述対策もできます!

    世界史の全体の流れを把握するために使いました。教科書では分かりにくいところを丁寧な説明と共に学べてとても分かりやすいです。1日2章ずつ毎日読んで最終的に8回くらいは読んだと思います。それ以外にも弱点の単元だけ何度も読み返したりしました。巻末にちょっとした問題集が付属しているので知識の定着もできます。また、論述ポイントもまとまっています。この参考書で流れを把握したら、次は問題集や一問一答、過去問の論述問題で知識を定着させると良いと思います。

  • 夏の夜

    志望大学 非公開

    レポート数 3

    総感謝数 3

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.05.22

    発音アクセント問題は運だと思ってる人に!高3〜の短期集中向け

    あの有名な関先生の参考書です。私はセンター試験(当時)が迫る頃に「このままじゃやばい!」と思ってこれを買って詰め込み対策をしました。 英語ってアルファベット=表音文字を使うのだから読み方とかそんなにないでしょ、と思ってました。中一で少しフォニックスをやったくらい。単語を見ても何となく発音は分かってしまうし、[ou]と[ɔ]と[ɔː]の違いなんて知るかよ!みんな「オー」だろうに!と思ってました。 しかし残念ながら受験には出てきてしまうんですね。配点は200点中10点か20点だったかな?(今はどうでしょうか…?) 高得点を目指すなら甘くは見られません。 この本には発音アクセント問題を解くために使うルールが多分全て載っています。暗記といえば暗記ですがちゃんと単語の例が書いてあるのでモゴモゴブツブツ言いながら「こいつとこいつは別物なんだ」と自分に言い聞かせるしかありません。またリーディング問題などの文中でこの本に載っている単語と遭遇したならば、発音が問われていなくても「おっ、、あやつだな、、、」なんて思いながら傍に小さく[ɔː]と書いたりします。 別に高2くらいから使い始めても良いのですが、単語力がまだ十分にない時に見るとウッとなるかもしれません。英検などでもう十分身に付いてるよという人ならその点は大丈夫ですが、受験前にまた見返すことになるとは思うのでちゃんと取っておいてください。時間がある時にある程度まとめてインプットしておければ良いですね◎ 発音アクセントだけ苦手で……という人には救世主になると思います。あと本筋に関係ないですが関先生の英語学習にまつわる体験談などのコラムがあって、その内容が良かったです。「難関校!偏差値!ランキング!」みたいに視野が狭くなりがちでたまに信用ならん感じがする受験産業界(ごめんなさい、、汗) にいて、「勉強の楽しさ」について語れるのはさすがだなと思いました。

  • Karen

    合格  青山学院大学 文学部  ほか

    レポート数 2

    総感謝数 6

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.10.17

    テストで問われる文法問題が詰まっています

    文法問題が始め苦手だったので、問題数をこなすことで正答数を上げていました。赤シートで解答を隠し、繰り返し同じ問題を解けるように何周もしました。解けなかった問題には印や付箋をつけて、テスト前にそれらの問題をサッと見返すようにしていました。文法問題の正答率が飛躍的に上がりました。受験で問われる高度な問題にもきちんと対応しているので、難関校を受ける方にかなりおすすめです。難関私立でも国立でも十分対応できます。

  • ゆめのこ

    合格  東北大学 法学部  ほか

    レポート数 3

    総感謝数 18

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.05.21

    東大って冠するけど全大学共通の現代文の入門書!

    時間を気にせずに解きます。 まず一通り全部読んでみましょう。筆者が何を伝えたいのかをなんとなくでもいいので掴めたらいいですね。 次に解答用紙を作成して解いていきます。全ての問題は問題文を文章中の内容を用いて一般化(言い換え)する作業であることを常に頭に入れておいてください。それぞれの段落が果たす役割や指示語・接続語・言い換え・具体・抽象を意識してください。 解いたら先生に必ず添削を頼んでください。赤本の解答や解説は少々荒削りなので。 解いた問題は数ヶ月経ってから解いてみるのも良いでしょう。 この問題にある程度対応できれば他大のほとんどの問題に勝負できるでしょう。

  • えりんぎ

    志望大学 非公開

    レポート数 3

    総感謝数 6

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.10.19

    記述がある試験対策にはやっておいて損はないと思います!

    ただ知識の定着度を確認できるだけでなく、問題を解き、解説を読むと、様々な事件や現象の繋がりが見えてきます。様々な視点からそれぞれの事象について考えていくことができます。ただ最初からこれを使用するのはあまりおすすめできません。あくまで基礎固めがなってから、ある程度通史ができてから、使用することをおすすめします。日本史の勉強は山川の教科書、用語集。そして本冊を仕上げ、最後の深掘りに使用してみてください!

  • sayaka.k

    志望大学 非公開

    レポート数 1

    総感謝数 4

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.03.30

    簡潔で見やすいのに、必要な情報がバッチリ網羅!

    ある程度世界史の知識を頭に入れたら使い始めると良いと思います。 実際に私は、学校の世界史の授業が一通り終わったなと思った時点から使い始めました! 見開き1ページで大まかな知識の総確認ができるので、赤シートで隠して答えをノートなどに書き、間違いや空欄の多かった時代を学校の授業ノートや資料集でもう一度覚え直すというやり方で4周ほどやりました。 私大の世界史対策には少し物足りないかな、とは思いますが、センター試験の対策はこの1冊で十分です! この本のおかげで本番センター試験で89点を取ることができました、おすすめです!

  • 沖田

    合格  青山学院大学 文学部

    レポート数 6

    総感謝数 14

    フォロワー数 0

    おすすめポイント
    2021.05.26

    まじでこれに命拾いされた。

    これはレベルが高い参考書なので、最初から使うことはお勧めしません。まず基礎的な用語と流れを確実に覚え、ある程度応用的な用語と流れを頭に入れることが出来てから取り組んだ方が圧倒的に効果はあると思います。普通に難しいです。ですが、難しいだけあって本当に実力がつきます。おすすめの使い方としては、この問題部分をコピーし、別の紙に答えを書いて解きます。解き終わったら、コピーした問題部分に、間違えた問題をチェックします。そして間違えたところにオレンジペンなどの赤シートで消えるペンで解答を書き込みます。そうすることで、間違えた問題だけを後で何度も覚えることができる、自分だけの参考書が出来上がります。また、間違えた問題だけでなく、勘で当たってしまったり、迷ってしまった問題も間違えた問題と同様にペンで解答を書き込んであげると、より効果的に覚えることができます。この参考書で、いかに自分の知識がまだまだだったかを思い知らされます。難関大を目指してる方には激推しします。