• 英語
  • 英単語

英単語アプリでスキマ時間を活用!大学受験におすすめのアプリ3選

2019.07.18

大学受験で必要な多数の英単語を覚えるためには、毎日の通学中やちょっとしたスキマ時間を有効活用しない手はありません。そんな時に便利なのが、スマホにインストールできる英単語アプリ。
大学受験対策に効果的な英単語アプリをうまく使って、いつでもどこでも時間を無駄にすることなく、英単語学習をサクサク進めていきましょう。

1. 英単語アプリを利用するメリット

スマートフォン(以下スマホ)アプリで英単語を学ぶことには、

・優れた携帯性
・ゲーム感覚でチェックできる手軽さ
・音声機能の充実

主にこれら3点のメリットがあると言えるでしょう。
英単語アプリは、スマホさえ持っていればいつでも・どこでも利用できます。電車やバスの待ち時間、乗車中の時間など、外出中のちょっとしたスキマ時間を勉強のために有効活用することができますね。
受験期は持ち運ぶ教科書や参考書が多くなり、カバンが重くなるのが悩みの種ですが、その点、アプリならいくつでもスマホ1台に収まるので荷物が増えることもありません。
また、英単語アプリにはチェックテストの機能を備えたものが多くあり、英単語の意味を問う4択問題に回答すると、その場で正解・不正解が表示されるといったように、ゲーム感覚で学習を進められるので、単調な暗記作業が苦手だという人でも取り組みやすいつくりになっています。
受験勉強を続ける中で集中力が切れたり、モチベーションが低下したりした時などに、ちょっとした気分転換を兼ねて利用するのにも適していると言えるでしょう。
そして、最大のメリットは英語の音声を手軽に聞けるという点です。
個別にデータをダウンロードしたり、CDプレーヤーを用意したりといった面倒な手間なく、手軽に英語音声を活用した学習が可能です
正しい発音が身につく上に、耳からの音声学習で記憶の定着度も増し、さらにはリスニング対策としても大変有効です

2. 大学受験対策におすすめの英単語アプリ3選

大学受験用としておすすめの英単語アプリを3つ紹介します。

2-1. 『ターゲットの友1900 英単語アプリ』

まずは、大学受験向け英単語集として定評のある英単語ターゲット1900』(旺文社)に対応した、ターゲットの友1900 英単語アプリです。
数ある英単語アプリの中でも、最も機能が充実したアプリのひとつです。また、元々のコンテンツが優れたものであることも、おすすめの大きな理由です。
このアプリに搭載されている様々な機能の内、いくつか注目のポイントを紹介しましょう。

英単語の音声再生
「確認テスト」(英→日/日→英の4択問題、スペリング問題)の結果から、自分の実力が全国ランキングで分かる
毎日朝と夜に1回ずつ「今日の5問」というミニテストがあり、英単語学習の習慣作りに役立つ

つい面倒になりがちな英単語の暗記作業に対するモチベーションを高め、やる気を維持できるように工夫されています。
特筆すべきは、スペリングのタイピング問題が搭載されている点で、これにより、「スペリングの暗記には向かない」というアプリの弱点をカバーしています
なお、これらの3つの機能は全て無料で利用できるもので、アプリ内課金をおこなえば、リスニング機能を充実(日本語や英文音声の追加)させたり、「苦手特訓モード」(苦手な単語の集中トレーニング機能)を追加したりできます。
詳細は旺文社の公式サイトで確認してください。
【ダウンロード】
・Apple端末(iPhoneなど)向け⇒ターゲットの友1900 英単語アプリ
・Android端末向け⇒ターゲットの友1900 英単語アプリ
価格:インストール無料・アプリ内課金あり

2-2. 『英単語アプリ mikan』

続いて紹介するのは、英単語アプリ mikanです。
「mikan」は「最速で覚えられる英単語アプリ」をキャッチフレーズに、シンプルでありながら学習効果の高いシステムを搭載し、さらに「みかん」のキャラクターの愛らしさも相まって、多くの高校生に愛用されているアプリです。
「4択形式のチェックテスト機能」と「単語カード機能」がベースになったシンプルな作りですが、その分、使いやすさは抜群です。
『英単語アプリ mikan』を単体でダウンロードし、無料で学習することも可能ですが、mikanの特筆すべき点は、定評ある既存の英単語集(英単語ターゲット1900(旺文社)、『速読英単語 ①必修編』(Z会)、『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』(鉄緑会)など)をmikanのシステムで学習できるということです。
まず無料ダウンロードで利用できるコンテンツをしばらく触ってみて、「mikan」のシステムが自分に合っているか、学習しやすいかを試してみた上で、もし気に入ったなら有料コンテンツを購入するといった進め方がおすすめです。
【ダウンロード】
・Apple端末(iPhoneなど)向け⇒英単語アプリ mikan
・Android端末向け⇒英単語アプリ mikan
価格:インストール無料・アプリ内課金あり

2-3. 『LDOCE (InApp購入版) - ロングマン現代英英辞典』

最後に紹介するのは、単語集のアプリではなく、定評のある英英辞典『ロングマン現代英英辞典』のアプリ版『LDOCE (InApp購入版) - ロングマン現代英英辞典』です。
このアプリを利用することには、次のようなメリットがあります。

  1. 紙の辞書はもちろん、電子辞書も持ち運ばなくて済む
  2. より正確な英単語の意味・ニュアンスがつかめ
  3. リーディング力アップにもつながる

(3)について補足すると、英英辞典では語義の説明も英語で書かれているため、語義を理解するプロセスが英文読解の訓練にもなるということです。語義を理解するために、また別の単語の意味を調べなければならないということもしばしば起こるでしょうが、それも良い勉強になります。
【ダウンロード】
・Apple端末(iPhoneなど)向け⇒『LDOCE (InApp購入版) - ロングマン現代英英辞典
価格:AppleのApp Storeでは、『LDOCE (InApp購入版) - ロングマン現代英英辞典』は無料でインストールできますが、使える機能を拡張させたい場合や、初めから機能が充実したバージョンを購入する場合は、それぞれアプリ内課金や購入時点での支払いが必要になります。
なお、Google Playでは有料版のみ販売されているようです。

3. 英単語アプリを利用する時に注意したいこと

英単語アプリを活用する際は、スマホアプリならではの注意点もあるので覚えておきましょう。
例えば、アプリで学習している最中にメールやLINEの通知がくると、その度に集中力が切れてしまいますよね。あるいは、勉強に飽きてついネットや動画を見始めてしまい、いつしか没頭して時間がムダに経ってしまうといったリスクもあります。
対策としては、アプリを使用する際はメッセージアプリの通知をあらかじめオフにしておくことが挙げられます。
勉強道具としてスマホを使う際の心得として、ぜひ〈自分ルール〉にしてみてください。

また、英単語アプリの「チェックテスト」にも注意すべき点があります。
この種のテストはたいてい4択形式ですが、選択問題では「消去法」が使えるため、肝心の単語の意味をよく知らなくても(記憶が曖昧でも)、正解できてしまうことが多々あります。
ひとつ、極端な例を挙げてみましょう。

viability

① 太陽
② 犬
③ 実現可能性
④ 鉛筆

正解はもちろん③です。
このように、他の選択肢を迷わず除外できる問題では、viabilityという単語を初めて見たという人でも正解できてしまいますね。もちろん、ここまで極端な組み合わせは稀ですが、似たようなケースは散見されます。
チェックテストにおいて消去法で答えを出した場合、それは必ずしも自分の語彙力によるものではないということは留意しておきましょう
なお、アプリの中には、「最初に選択肢を隠せる」といった機能が搭載されている場合がありますので、自分の実力と照らし合わせながら、そうした機能も適宜活用していきましょう。

4. 紙の英単語集とアプリを上手に併用しよう

英単語アプリを上手に活用するためにも「紙の英単語集」での学習を補う役割として、両者を併用することをおすすめします。
例えば、一般的に英単語集は、アプリより掲載されている情報が多いという特徴があります。単語の詳しい用法や関連語句、語源などといった踏み込んだ情報は、書籍の方が充実している傾向にあります。
また、スマホの画面を見続けると、目に疲労がたまったり、入眠しにくくなったりといった弊害もあるでしょう。基本的には一般的な英単語集で暗記しつつ、移動中にはアプリのチェック機能で自分自身にテストをしてみる、書籍を見ながら英語音声を聞き流すなど、用途や状況に合わせて併用するのが最も効率的な英単語の勉強法と言えるでしょう。

5.まとめ

最後に、スマホアプリを利用して英単語学習を進める際のポイントをまとめて振り返りましょう。

●英単語アプリを利用するメリット
(1)いつでも・どこでも利用可。携帯性に優れている。
(2)ゲーム感覚で学習。単調な暗記作業が苦手だという人でも取り組みやすい。
(3)音声機能が充実。正しい発音が身につく上に記憶の定着度も向上。リスニング対策としても有効。

●紙の英単語集とアプリを上手に併用しよう
英単語アプリ・英単語集の併用がベスト。用途や状況に合わせてアプリと書籍をダブルで活用し、大学受験のための英単語学習を効率的に進めましょう。

data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">